メールマガジン登録

BLOGブログ

国内税務2020.02.05 ワンストップ特例申請忘れた・・・

あっ!去年ふるさと納税したのにワンストップ特例の申請書出し忘れてた・・・

 

 

 

ワンストップ特例の申請期限は1月10日でした。

 

 

 

出し忘れていた方、確定申告を忘れずに行いましょう。

 

 

(用意するもの)

1.源泉徴収票

2.寄附金の受領証

3.マイナンバー通知カードのコピー

4.運転免許証のコピー

5.パソコン

6.プリンター

 

 

 

給与収入のみで年末調整を受けている方であれば上記のものが準備できればOKです。

 

 

 

1.パソコンで確定申告書作成コーナーにアクセスする

https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

 

 

 

2.以下の流れでクリック、入力していく

作成開始→印刷して提出→利用規約に同意して次へ→令和元年分の申告書等の作成→所得税→左記以外の所得のある方作成開始→生年月日を入力

 

 

 

3.源泉徴収票の内容を入力する

給与所得入力する→年末調整済みの源泉徴収票を入力→源泉徴収票を手元に画面に従って入力する→次へ進む→入力終了(次へ)

 

 

 

4.寄附金の内容を入力する

寄付金控除入力する→書面で交付された証明書等の入力→寄附金の受領証を手元に画面に従って入力する→入力内容の確認→次へ進む→入力終了(次へ)→入力終了(次へ)→次へ→入力終了(次へ)

 

 

 

5.還付口座などその他の情報を入力する

還付口座、住所、氏名などを入力→次へ進む→マイナンバーを入力

 

 

 

6.印刷する

帳票表示・印刷→プリンターにて印刷

 

 

 

7.郵送若しくは税務署へ持参

印刷された第一表右上に押印→添付書類台紙にマイナンバー通知カードと運転免許証のコピーを貼る→提出書類等のご案内右下に表示されている宛先へ印刷した確定申告書、寄附金の受領証、返信用封筒を郵送(持参する場合は返信用封筒は不要)

 

 

 

あとは還付金が入金されるのを待つのみです。郵送した場合は受付印が押された控が返送されてきます。

 

 

 

寄附した額に比べると還付金すっくねぇな・・・と思われるかもしれませんが、ご安心ください。残りの分は6月から天引きされる住民税から引かれています。給料の手取りが増えるイメージですね。

 

 

 

これにて完了です。お疲れ様でした。来年はワンストップ特例申請を忘れずに・・・(その方が楽です)